デッキ紹介:イェーガーホワイト(ルクスリア杯使用デッキ)

皆さん、こんにちは。未熟者です。

今回は南越谷ホビーステーションにて行われたルクスリア杯に参加してたので使用デッキの紹介・解説とチラ裏レポでも。

 

使用デッキ イェーガーホワイト

 

PC フロン

 

ウルティオー1

卑弥呼4

ヘケト4

ヴェルダンディ2

貂蝉2

シュペーア4

アルテミス4

 

赤黒リンク8

コープス4

アリス3

4コスアルティナ3

フィッツロイ(白5バニラ)2

オロチ4

ピュアフロン3

ベイン2

 

20

18

12

 

まあ見ての通りのデッキですが少々解説でも。

最初ピュアフロンはKMTで採用することを考えていましたが、捲れないと弱いのでやめました。そこである程度捲れなくてもピュアフロンでPS剥がしつつ点数をもぎ取りに行ける赤黒リンクの採用を決めました。

今回、赤黒リンクのペンギンに注目して採用を決めたわけですが、イェーガーも環境には至極適していると感じました。日本一環境になってがんばるフロン、百騎兵などが入ってきて、“盤面制圧”というのが今回の特に強いテーマになったというのは大会に参加されている方々が痛感していることではないでしょうか。その盤面制圧に対し優位に立てるのはブレイバーとイェーガーベインであろうというある程度の確信があったわけです。そう考えるとベインは3積み安定なのですが、イベント環境・ベイン環境からそんなにすぐ変わらないだろという考えもあり、今回はフィニッシャーを厚くしてピュアフロン3・ベイン2としました。人によって、ここはピュアフロン2・ベイン3でもよかったのかなという気もします。

IG枠ブレイバー12は事故しない上での最大値をとりました。本来ならLRもラクシュミーにしたいところでしたが、白の枚数8では不安だったし、実際事故ったので、白の強LRであるヘケトを採用しました。このパワーマイナスはブレイバーのダメージ調整との噛み合いが強かったので結果的にそこまで不利はなかったです。シュペーアは赤黒リンクだったらほぼノータイムで採用できるカードだと思います。

4コスアルティナはブレイバーとの噛み合い、相手の先2のIGODや先3の5バニラに対する回答の幅を持たせるために採用しました。

5バニラは弱いタイミングでのリソース手段と環境が5バニラを軽視してるのは明白だったので採用しました。

というようなデッキです。僕がここでダラダラ書いてることも握れば何となく理解できると思うので良かったらぜひ。

 

以下大会レポでも。

 

一回戦 赤白5弾信長ESブレイバー○

相手に先3で3:2されて一点入るもライフ卑弥呼から毎ターンIGhitして6リソ時にペンギン揃えて殺す。正直申し訳なかったと思ってる。

 

二回戦 白黒フロンベインリアン(ワタルさん)○

こちら先1GOから始まり、相手に後3IGhitからPS囲まれて一点ぶち込まれるがLRして無傷。返し卑弥呼捲って、盤面返されて、卑弥呼捲って、盤面返されての応酬を繰り返しているうちに相手のライフ3点目削りにいったらLRを踏んで、返しにIGhitがんばる天然ボケというコンボで盤面制圧されかけるも返しのトップベインでイェーガー2枚リソースインしていたため、盤面をリセットする。返しで相手PSにベイン着地したが、相手IGでピュアフロン3ベイン2が落ちているのが見えたためベイン割るのキツイと判断してウルティオー込みでベインを計3回PSに投げたら案の定相手のハンズが切れたので好期と思い、伸びたリソースでペンギン3コスピュアフロン3コスで2点頂いて何とか勝ち。キツイ戦いでした。

 

三回戦 赤青t黒朝凪スペシャル(あさなぎさん)○

後1で卑弥呼投げたら先2IGハウンド手出しルビハで1点入って、うわ…とか思ってたらVBで相手PS溶かす。返しのIGで貂蝉捲ったので手出しアルテミスとで盤面処理しつつ一点いただく。返し相手リソセットミスで手出しロザリーしかできなかったのでそのまま押し込んでライフ1まで詰める。相手PSオロチ置いて誤魔化されるもこちらもオロチを投げて応戦。返し突撃ラハールだったのでペンギン3コス手出し5バニラ一点頂いて勝ち。

 

四回戦 赤青孫尚香アクターレアテナロックブレイバー(ドゥローレンさん)×

相手後1で何も出せなかったのでそのまま試合が進み4-2、勝ちを確信するも相手のIGがノリ始めて、コントロールカードが出始めた時から雲行きが怪しくなる。途中でPS孫尚香P横アクターレアクティブマナ3の時にアクターレ無視してIGシュペーアとオロチで一点入れに行ったらLRで返しに卑弥呼含む3IGODからのPS孫尚香降臨で焦る。こちらもIGODブレイバーなどで盤面を処理してPS孫尚香をオロチで割ろうとするも2ターン連続でドラゴニックキャノン打たれて完全にロックの盤面を完成される。手札のフレイムコープスやピュアフロンやベインがクソ雑魚になるのを感じながら、気付いたら2-2。サドンデスに持ち込むもLR4枚見えてて色々無理だったのでサレンダー。かなり考えさせられるデッキでした。

 

五回戦 赤黒緑フィーユブレイバー(板前さま)○

こっちがIG3-3などクソゲーして勝ち。ベインも出てこなかったのでツラそうでした。フリーの方が素晴らしい試合でした。

 

六回戦 日本一ダンサー妲己×

お互いにリソリン揃わない、IG総スカで何とも言えない感じの展開だったが相手のIGがノリ始めてライフ1まで追い込まれる。盤面固めてライフ2まで削るも、相手に妲己トップされてゲームエンド。

 

かなり自信のあるデッキだったのでもうちょっといい結果を残してあげたかったのですが、使用者がクソ雑魚だったので4-2しかできませんでした。次はもっと頑張りたいですね。

デッキ紹介:白KMT(洞窟HR・第一回大和杯使用デッキ)

皆さんこんにちは。未熟者でございます。

 

今回は8/31に行われた第一回大和杯の方に参加させていただいたのでそのレポでも少々。

 

 

 

使用デッキ:白(KMT

 

プレイヤー 

雷鳥 超

 

スタート 

魂のアム 1

 

IG

オーラヘケト 4

カール 4

アヴィオール 4

シェアト 4

蘭丸 4

 

通常枠

パニッシュメントクロス 3

コンフロントオーダー 1

オーラキリン 4

アリオト 3

ヒンデンブルグ 4

白5バニラ 3

ストロンチウム 4

オロチ 4

サイクロトロン 3

 

 

以下解説的なものでも少々。このデッキは前日のトレカの洞窟HR5-0で優勝していて、試合内容を鑑みても非常に満足できるものであったので選択しました。自分が以前使用していた黒KMTと比べて、シャードバーストとベインとズィーガーを使っていないため、ゲームエンド力と相手の鬼捲り耐性が低下してしまったのは否定できない事実ですが、生贄を必要としない白イベントによる攻守入れ替えのしやすさ(特にPSオロチイベント構えが想像以上に強かった)、カールやパニクロの自焼きによる連パン性能、ヘケトカールサポートによるストロンチウムの高打点としての無駄のなさ、無理なくVBを採用できる安定感など多くのメリットがあり、相手のライフが多少強くても何とか戦えるトーナメントデッキとしての安心感がありました。あとは白メタとしてサイクロトロンを使ってるところと同型メタとして白イベントが使えるところも強いですね。まあ結果はなかなか悲惨だったのですが()

 

以下大会レポ的なものでも・・・

 

予選

1回戦 赤黒イェーガー(IGブレイバー) ○

先1アヴィ、先2IGODアヴィで勝ちを確信したらまさかのVBLR。でも終始こっちがマウントを取り、PSガーゴイルをヘケトで溶かして勝ち。

二回戦 白単リアン ×

マリガン後の初手が7666で顔が青ざめる。しかも相手が序盤に鬼IGODしてきてこちらのライフがいきなり2になる。でもそれを何とかしのいで、盤面固めてから殴りにいったら2回目の攻撃でVB。イベントで守るもライフは1になりヤバイと思ったので相手ライフ2PS周りガラ空きだったので殺しにいったらVBで殺しきれずに死亡。試合後もう一枚のライフみたらIGだったからどちらにせよ死だった模様。なおその後のフリーでは圧勝しました(態度悪い)

三回戦 白黒ハンデス ○

相手に先にIGOD決められてライフ3になるも相手がこっちのPSオロチ割れなくて、5バニラ+IGなどで殴り続けてたらいつの間にか相手が死んでいた。このときも相手ライフにLRがあったので結構焦った。

 

本戦

一回戦 SDL(杵島さん) ×

相手に先にIGOD決められてやばいと思ったので固めて攻めるがVBを踏んで返しでこっちのライフ1になる。殺しに行くも初撃でIGだったので守りにシフト。イベントで1ターン延命するもまたライフIGで殺せず。2ターン連続でIGODシェアトとダンサーかまされて死にました。相手のラストライフ確認したらLRで真顔になった。なおその後のフリーではこっちがVBかまして殺しました(態度悪い)

 

というわけで安定の1没の雑魚奴でした。Z/X難しすぎるので日本一まで引退するまでありますね。構築はトロンと5バニラを日本一後にフロンとリリエルにすれば良さそうなので、一つの完成形だと思ってますね、はい。しいて言えばトロン4でもいいかなという…。

 

大和杯自体は非常に雰囲気がよろしかったのでまた次があれば是非行きたいと思いました。全体的に青と白が多かった印象です。意外かもしれませんがブレイバーは思ったほど多くなかったですね。青白黒でリベルベインケイツゥーやってるデッキが安定して強かった印象です。というかサブトナメ2回戦でサイトさんのそれに殺されてますからねwww

デッキ紹介:青白リアン

どうも皆様こんにちは。未熟者です。

いやー新弾きちゃいましたね。新弾ワカラナイドラゴン故自分はあまり語れないので今日は所沢ラボ研究員のtimeが組んだ白青リアンを紹介したいと思います。なお、諸事情により僕が使うならこうかなーっていう構築に変えてあるので悪しからず。理論自体は同じです。

以下デッキレシピと雑談。

プレイヤー天王寺飛鳥

スタートリリエル 1

IG
ヘケト 4
ポックス 4
エヴァポ 4
シェアト 4
アヴィオール 4

通常枠
青白リソリン 8
コンフロントオーダー 2
パニッシュメントクロス 2
アリオト 3
風のヴァン 4
魂リアン 4
清廉フィエリテ 4
誇りフィエリテ 2

アリオトはエルブルースに変えても面白いかも。清廉は今弾のメタとして優秀だし、リアンと相性いいし、とっても素晴らしいですよね。
リアンというと黒の力を借りた最速轢き殺しが一番最初に思いつくのですが、あえて青白リソリンを使って運をコントロールしつつ、清廉を守る札を回収するという無駄のなさと環境に対する回答の多さがこのデッキのいいところだと思いますね。
まあまだ練る点は色々ありそうなので、試してみるといいかも?
カテゴリー
  • ライブドアブログ